痛みと向き合う方法

痛みを改善

腰部脊柱管狭窄症になってしまうと、下半身を動かす度に痛みや痺れが伴います。
症状が悪化してしまうと日常生活に大きく支障をきたしてしまう可能性が高いので、早期治療を行うことが大事になってきます。
治療を行う上で、リハビリもとても重要になってきます。
普段から意識することによって、腰部脊柱管狭窄症になるリスクを抑えることも可能なのです。
普段の生活で腰に負担をかけてしまうことが多い方は、普段の生活の中に工夫を取り入れることで予防になるだけでなく、健康の為にもなります。
腰部脊柱管狭窄症になってしまった際は下半身が痛んでしまうのですが、楽な体勢というものが存在します。
それは前かがみの姿勢です。
背中を反らせる姿勢は症状が出やすくなるので注意しましょう。
まだ腰部脊柱管狭窄症になっていない方でも、基本的に腰を反らせる姿勢は負担をかけやすいので、ストレッチの際も注意して行いましょう。

姿勢に注意

腰部脊柱管狭窄症の痛みを抑える方法として一番良いのは「姿勢に気をつけること」です。
基本的に背中や腰に負担をかけない事がとても重要となってきます。
特に腰を反らせるような体勢は症状が出やすいので注意しましょう。
寝る際には仰向けで寝ると腰が反りますので、膝の上にバスタオルを入れて寝てみると腰の反りが少なくなり、腰部脊柱管狭窄症の痛みを和らげ、防止に繋がる姿勢になります。
普段の姿勢だけでなく、適度な運動も重要です。
腰部脊柱管狭窄症になってしまってからは激しい運動は出来ないでしょうが、普段から適度に運動を行い、筋力を鍛えることで腰部脊柱管狭窄症になりにくい体を作ることができます。