原因について

腰部脊柱管狭窄症の症状等について

腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管狭窄症のうち腰部に起きるものの事を言います。
脊柱管狭窄症とは、神経の通り道である脊柱管が狭くなってしまうという症状です。
脊柱管が狭くなるので、内部を通っている神経が圧迫されて、様々な自覚症状が起こります。
腰部脊柱管狭窄症で起こる自覚症状としては、下肢の痛みや痺れ等があります。
それ以外にも特徴的な症状として、間欠性跛行というものが現われます。
間欠性跛行とは歩き始めは異常がないのに、歩行を続けるうちに脚に痛み等が起きて、やがては歩行が困難になるというものです。
ただ、この痛み等は座ったりして休ませると、再び歩けるようになるという特徴があります。
腰部脊柱管狭窄症は病院で治療を受けるのが一般的です。
主に整形外科が担当になります。
中でも脊髄専門医がいる病院が理想的です。

具体的な治療方法等について

腰部脊柱管狭窄症の治療方法はいくつかあります。代表的なものとしては、薬物療法や手術があります。
基本的には薬物療法が用いられる事が多く、薬物療法で効果がない人や、重症の人等が手術を選択するのが一般的です。薬物療法では、消炎鎮痛剤や血流改善薬等を使用します。
これらの薬を服用しつつ、患部を安静にするようにして症状の改善を目指します。コルセットで腰部を固定するのも有効です。
ただ、薬物療法で期待する効果がない場合には、神経ブロック注射が行なわれる事もあります。注射で局所麻酔を行なう事で痛みを緩和するのです。
手術は狭くなっている脊柱管を広くする事を目的として行なわれます。手術方法には、開窓術、椎弓切除術等の種類があります。
患部の状態等を踏まえて手術方法が選択されます。