ピックアップ

原因について

つらい腰部脊柱管狭窄症。その原因は、どこにあるのでしょうか。この病気になったときの体内の状態について、罹りやすい年代についてなど、さまざまなデータからそれを明らかにしていきましょう。

» readmore

発症しやすい人の傾向

腰部脊柱管狭窄症という身体トラブルは、患いやすい人の条件がすでに発見されています。発症しやすい人の傾向を学ぶことで、事前に予防できる可能性を期待することもできます。

痛みと向き合う方法

腰部脊柱管狭窄症を発症してしまった時に襲ってくるつらい痛み。それを乗り越えるためには、痛みを受け入れて、生活習慣を変えて、乗り越えるための努力を行うことが欠かせません。

歩けなくなる前に

腰から下の病気

腰から下の部分は、一般的には下半身と呼ばれている部分で、歩行や排泄、生殖といった役割を担う器官や臓器が存在しているところです。
2本の足があり、肛門や性器があります。上半身はもちろん、下半身の機能も人間にとっては欠かせないものです。
ただ、その機能は、いつでもどんな場合でも万全に働くというわけではありません。さまざまな原因で、何らかの異変が起こり、それがもとになって機能が阻害されてしまうということがあるのです。

病気や怪我によって、たとえば下半身の歩く機能や排泄機能、生殖機能が正常とは言えない状況に陥ってしまうということが、起きるのです。
たとえば、腰から足まで下半身に広く影響を及ぼす腰部脊柱管狭窄症は、その病気ひとつでいろいろな機能を脅かすので、特に注意が必要だと言われています。

病院に行くこと

腰部脊柱管狭窄症という名前がすでに物々しい響きを持っているし、上にも書いたようにこの病気になると「腰部」をはじめとした下半身の全体に影響が及びます。
歩行が困難になったり、排泄機能の中でも、特に排尿の機能がおびやかされるというデータがあるのです。

とはいえ、もちろんこの病気になってしまったからといって、身体が歩けなくなってしまうのをただ見下ろすことしか出来ない……というわけではありません。
その状況を改善することが出来ます。病院に行って、お医者さんに治療してもらえばいいのです。
腰部脊柱管狭窄症に関しては、薬を使った治療から手術まで、さまざまな種類の治療方法が確立されています。